「経験」は最高の教科書である

最近はクラウドソーシングをしながら四苦八苦していますが、
なんだかんだ言っても、絶対的な「正解」はないし、それぞれの状況、それぞれの立場でやるべきことは違うのだと思います。

そして、自分にとって何が正解なのかは、自分にしかわからないのだと思います。
そういった意味で、自分の経験こそ、自分の最高の教科書になるのだと思います。

経験の中で学んだことのひとつを紹介します。
小さなひとつの経験です。

ある職場にいた時、どう考えても効率の悪いやり方をさせられていました。

仕事ができる人ほど、不満も出てくる、
訴えても対応してくれない状況に我慢できなくなって辞めていくという感じでした。

私も面談のときに、
「このやり方は効率悪いと思います。〇〇したほうが良いと思うのですが」
と話をしました。
「なるほど、そうですね!それは伝えておきます!」
と対応してもらえました。

しかし、その後、その話が伝わったのかどうかわかりませんが、なにも状況は変わりませんでした。
意見を訴えていたのは、私だけではなかったと思います。
それでも状況は変わらず、効率の悪いやり方をさせられていました。

つまりそこの職場で働く人間に求められていたのは、「効率の良い仕事をすること」ではなかったのでしょう。

私は”雇われ人”として働く以上、その職場で求められている仕事をこなすことを最優先して考えます。
もちろん「こうしたらもっと良くなる」という意見を伝えることはします。
風通しの良い職場であれば、意見を受け入れてもらえることもあります。
しかし、”雇われ人”にはわからない、さまざまな会社の事情により、受け入れられないこともあります。

その状況がイヤなら辞めればいいし、我慢できる範囲なら続ければいいのです。

見て見ぬふりは良くないと思いますが、言わなくても良いこともあります。
それは、状況ごとに違う、マニュアルもないので、自分の心で考えることです。


「会社は、あなたが好きなことをする場所ではありませんよ」
占い師として、そうアドバイスを伝えたことがあります。

会社の経営陣が会社を運営するにあたり、「××の仕事をしてくれる人が必要だ」というので条件をつけて募集をかけ、「その条件で働かせてください(働きたいです)」という応募者がいて、雇用契約が成立します。

もちろん働き始めてみたら、思っていたのと違った、ストレスでたえられそうにない、ということもあります。
そういう場合には、限界を超えるほどがんばる必要は全くありません。

しかし厳しいことを言うなら、”自分が好きなことだけ”をしたいのなら、自分で起業すればいいのです。
起業して稼いでいくというのがどれほど大変なことか、好きな気持ちだけでできるのか、挑戦してみたらいいのです。


私は、好きなことは全く稼げなくてもやっています。
むしろお金を払ってやっています。

このブログのテーマが、「好きなことを仕事にしたくてやってきた体験などを綴ります」なので、矛盾しているかもしれませんが、
今のところの私の状況は、好きなことを仕事にしたいけれど、できていない、
でも好きなことは仕事にならなくても続けていく、
それがどこにつながっていくか、という感じです。
その奮闘記が何かの参考になれば、という想いで書いています。
わかっているのは、自分のライフワークが「伝えること」だということ。
だから伝えています。


自分にとって最高の教科書である、自分の「経験」について考えていたら、いろいろ気づいたことがあります。
それについては、また後日。
notebook_pen_hires.jpg




↓ポチっとよろしくです!

にほんブログ村




「頑張ってるのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書」を読む

「頑張ってるのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書」(吉見夏実著、染谷昌利監修、秀和システム)を読みました。

頑張ってるのに稼げない……、まさに私。。。
ゼッタイ、ゼッタイ、私、これ読むべきだー!
読めば、何かが変わる! 何かが学べる!と思いました。

4月から始めたクラウドソーシング、
誰がやっても稼げないというものではなく、
ある程度までは順調に稼げる様子なのをネット上で見るたび、
「なにかコツがあるのだろうけど、どうしたら……」
と思っていました。

始めたころは、とにかく身体中が痛くなるほどキーを打ち続け、書き続けました。
しかし3か月が過ぎたころ、報酬が低すぎることに愕然とし、自分の限界を見た気持ちになりました。

それ以来、考え方を変えたり取り組み方を変えたり工夫はしてきましたが、下がってしまったモチベーションを上げられずにきました。

今の私のテーマはとりあえず、モチベーションを上げることです。

本を読んで、わくわくっとしたのは、
「好き!と思える人と仕事をする」
「記事はチームで作るもの」
というところです。

実は共同作業が好きな私にとって、この考え方はモチベーションが上がりました。

今まで私は、記事はクライアントさんのニーズにこたえる、と思ってきたのです。
仕事をいただいているのだから、クライアントさんが上の立場という感覚でした。

もちろんわからないことは質問するのですが、
「ん? これは、××したほうが、いいのでは?」
と思うことは伝えずにきました。
余計な発言はせず、要望通りにやればいい、という感覚だったからです。

でも本を読んで、伝えてもよかったのかな、むしろ伝えるべきだったな、と思いました。
伝え方の工夫は必要ですが、「こうすれば、もっとよくなる」と思うのに、伝えないのは違うんだって。

この「強化書」は、読んで、閉じて、また開いて読んで、を繰り返しています。
じわっ、じわっ、じわっと、意識が変わっていく感じです。

Webライター本の感想なのに、まったくWeb記事っぽくない書き方ですが、とりあえず、行けるところまで行ってみます!






↓ポチっとよろしくです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

同じことを伝えるのでも「ほっこり」を心がける

他ブログに「同じことを伝えるのでも「ほっこり」を心がける」という記事を書きましたので、
興味あるかたはご覧くださいませ!

人間関係を良くする、
良いコミュニケーションを心がける
は、どんなお仕事をする際にも、とっても大切なことだと思うのです。

記事はコチラ↓
http://oshigoto999.blog74.fc2.com/blog-entry-129.html

つながりはないですが、最近描いたイラストです。
20170812.jpg

吉見夏実さんのwebライター本、読んでいます。
学んだことは後日、書こうかなと思ってます。





↓ポチっとよろしくです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

クラウドソーシング「プラスしかない」

どうしても下がってしまったモチベーションを上げきれずにいました。

クラウドソーシングを始めてガムシャラにやってきたのに報酬に反映されていず「自分の限界を見た」ような気持ちになってしまったこと、
悪質クライアントに遭遇したことなどなど、
精神的にぐったりしてしまい、
「モチベーションを上げなければ!」
と思っても、その術が見つけられずにいました。

しかし、気づきました。
「マイナスなことなんて何もない、プラスしかないじゃないか」
と。

私は何か始めるなら、仕入れありきのような資金が必要なことは避けたいなと思ってきました。
情けない話かもしれませんが、金銭的なリスクを負えないからです。

思いがけず占い師を始めることになったときにも、自分とカードと平らな場所があればいいだけでした。
今回始めたクラウドソーシングにも、資金はかかっていません。

つまり金銭的な意味で、やらなくてもマイナスは発生しない、やればやるだけプラスになることをやっているのです。

金銭的な意味以外のプラスもたくさんあります。

占い師をやっていても、いろいろ勉強になることがあります。

クラウドソーシングでお仕事をしていると、資料がどさーっと送られてきて、基本的には自分で読みながらお勉強です。

ライティング教室に行けば、数日かけてお金を払って学ぶようなことを、お金をもらいながら勉強できているのです!

これって、これって、、、
超ラッキー!!!

私、なにをうつむいていたんだ!
とても恵まれた時間を過ごせているじゃないかー!

と気づいたら、重たかった気持ちがす~っと軽くなりました。

そうだ、マイナスなんてひとつもない、プラスしかないのだ。

実際、この数か月で、知らなかったこと、たくさん学べています。
この恵まれた時間に大いに感謝しながら過ごします!
bus_stops_hires.jpg




↓ポチっとよろしくです!

にほんブログ村
twitterもやってます!


クラウドソーシング「ジャンプしろ!」

先日、クラウドソーシングを始めたものの、あまりにも稼げていない理由について書きました。

しかしその後、まだ認識が誤っていたことに気づきました。

現在、何件か継続させていただいている案件があり(といっても特に厳しいノルマは無し)、
とっても安い単価の案件の継続はとりあえずお断りしたのですが、
その他、続けようと思っている案件の単価を計算してみました。

とっても安い案件より倍近くの単価とはいえ、
「や、安い……」
ということが発覚しました。

画像選定などもあり、「勉強になる」と思っていたのですが、
今、いただいているもっと高い単価の案件にも、勉強になることは多々あります。

とっても安い案件について、知り合いにアドバイスされました。
「その金額で、文句も言わずやってくれるって思われてるんだよ」

その通り。

割に合わない単価でも引き受ける人がいる限り、相場の単価はどんどん落ちていく。

クラウドソーシングではないお仕事だって、例えば、同時間働いて、
「1000円」
の仕事と、
「3000円」
で同じような内容のお仕事だったら、3000円のほうを選ぶでしょ。
お世話になった人のお仕事だったら無料でもやるかもしれませんが。
そういうことです。

今の私にはうつむいているのではなくて「ジャンプして、高いものを取る!」って心意気が必要!
問題は、ガムシャラにやってきた結果、あまりにも稼げていないことによるモチベーションの低下ですが、とにかくモチベーションをアップすることも含めて、無理やりにでもジャンプする!
Windmill_3_hires.jpg




↓ポチっとよろしくです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村